YStudio

Ystudio フェイスブック Ystudio ツイッター ユームズ・フロンティア ライン@

コラム

再生可能エネルギー(主に小水力発電)について

2019年1月16日   文 スタッフ-hayashi

再生可能エネルギー 小水力発電 エネルギー

再生可能エネルギー(主に小水力発電)について紹介していきます。
興味が有る方は参考になさって下さい。

水力発電は安定供給性に優れている再生可能エネルギーです。

再生可能エネルギー 小水力発電 エネルギー
水資源に恵まれている日本では、発電の取り組みも昔から盛んですね。
貴重なエネルギー源になっています。
水力発電と言えば大きいダムを思われる方も多いと思いますが、最近では、中小水力発電の建設も活性化しています。

水力発電は明治の時代により行われている発電方法です。
特徴は、一度発電所を作って発電を行えば安定的に長時間の運転が可能だという事です。
水力発電は再生可能エネルギーの一つで、発電時に火力発電のようにCO2が出ないのでクリーンなエネルギーです。
また太陽光発電や風力発電のように、気象に作用されないエネルギーでもあります。


「FIT制度について」

FITと言うものは固定価格買取制度の事を言います。
再生可能エネルギーの固定価格買取制度で、太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス等の再生可能エネルギーを国が定める価格で、電気事事業者が買い取る事を義務図ける制度の事です。
電気事業者が買い取りに使った費用は、国民が負担する全員参加型の精度になっています。
再生可能エネルギーの導入量は大幅に増加しましたが、国民負担の増大や未稼働案件の増加や地域とのトラブル等の課題が浮き彫りになって来ました。

これらの解決の為に見直しが行われ、改定FIT法が施工されました。
FITの言葉の意味とすると、FIT(Feed-in Tariff)はFeed-inは「入れる、供給する」で、Tariffには「関税、電気等の公共料金の請求方式」の意味が有ります。
買取費用の負担方法は、電気事業者が買い取りに使用した負担は電気料金に上乗せされて使用電力に比例した「再生可能エネルギー発電促進賦課金」として国民が負担しなければなりません。