機械の転職 トップ > コラム一覧 > 冷却装置やチラーの活用で、一定温度に保ちコストの削減を
2016年1月5日 火曜日配信  文 スタッフ-nakayama

冷却装置やチラーの活用で、一定温度に保ちコストの削減を


チラー コラム 機械の転職
冷却装置やチラーは21世紀を生きる私たちに欠かせないものです。
冷却装置ややチラーは、冷たい水や暖かい水を作る事で、室内や定められた特定の場所を
冷やしたり、暖めたりすることが可能になります。
チラーには、水、外気、ガス、廃熱を使うモノやフロンガスを利用するものがあります。
例えば、フロンガスを使うものに関しては、2015年度にフロン排出抑制法により、
法律で定期的な点検をする事が定められました。
これら冷却装置やチラーの老朽化や整備が不十分である場合、必要以上のフロンを
排出してしまうなどで、コスト削減もできないばかりか、法令違反となって
罰金も取られてしまう恐れがありますよね。
そうならないためにも、今、稼働している冷却装置やチラーについても再点検と、
現状の把握、必要であれば設備投資も考慮したほうがいい場合があります。  
冷却装置やチラー等は一度導入すると、長期間に渡り稼働させるもの。
きちんと特徴を学びながら、工場内での設置する環境に最も適合した設置をしたほうがいいですよね。
チラー コラム 機械の転職

自らの工場で行っている業務に合わせた必要なスペックをまとめる
 
冷却装置やチラーはその名の通り、冷やすものなので「ただ冷やせばいいか」と
シンプルに考えてしまいがちですが、工場で行っている業務の工程を全て把握した上で、
「いつ・どこで・なにを・どのように冷却するのか」ということを分析することから始まります。
その分析する工程において、どれくらいの量を冷却しなければならないのか。
またその一定量を冷却するために、どのような種類が最適なのか。
ということを算出し、必要な冷却能力・予算に見合ったものを選出していきます。
ですので、まず必要なのは、自社工場の設備や業務について分析ですね。  
長年のキャリアを持った職人さんは、それぞれの得意分野があると思いますが、
各持ち場の熟練工同士の話し合いを重ねることで、工場の運営を更により良くするための
意見やアイディアが飛び出してきますよね。
「今更話さなくてもわかっていることだ」と最初から思ってしまうのでは無く、
わかっていることでも、再度皆で確認し合い、必要なスペックをまとめてみてくださいね。
チラー コラム 機械の転職

詳細な情報の決定--必要な温度の設定と配管の状況からポンプの要件を算出  
組織の主要メンバーで、業務の全体図から落とし込んだ要件について、
求める冷却対象物の温度、水などの冷却装置内部の温度、また付随して必要となるポンプについて
吟味していきましょう。
また、業務で必要となる温度やポンプの能力に関するデータを集めて、
冷却能力を算出する数式がいくつかありますので、当てはめてみて具体的な数値を
出してみることをオススメします。
これらの要件が固まったら、必要な冷却装置の種類が浮かび上がってくるはずです。   
主要メンバーor熟練工の意見と、日々の業務から取れるデータから算出する定性的・
定量的な意見をもとにして、最適な冷却装置やチラーを設置し、管理運営していってくださいね。








【個人情報の取扱いについて】

当サイトより取得した個人情報は適切に管理致します。個人情報保護法に定める例外事項を除き、本人の同意を得ることなく第三者に提供、開示いたしません。

TOP TOP