機械の転職 トップ > コラム一覧 > 世界の人の豊かな暮らしを支える会社
2018年2月15日 木曜日配信  文 スタッフ-ozaki

世界の人の豊かな暮らしを支える会社

ヤマザキマザック株式会社
1919年に名古屋市で山崎鉄工所として創業。
当初は畳製造機の製作を行っていたが、後に木工機械の製造に乗り出す。
1931年より工作機械の製造を開始。
終戦後はGHQより製造を禁じられていたが、1959年から生産を再開した。
1963年には日本の工作機械メーカーとして初めて対米輸出を行った。
また1974年から日本メーカーとして初めてアメリカでの生産に乗り出すなど国際展開を積極的に行い、1987年には工作機械メーカー売上高世界第一位を樹立しています。
コラム ヤマザキマザック マシニングセンター

<5軸加工機の最先端>
一般的に3次元空間はX軸・Y軸・Z軸の3軸によって定義され、この3軸を動かすことによって工具の位置決めをして加工しています。
3軸を用いた3次元加工の動作に、回転軸(C軸)・傾斜軸(B軸)の2軸を足して、製品の上面方向からの加工に加え、前後・左右からの加工を可能にしたものが「5軸加工」と呼ばれています。
あらゆる方向から加工が行えるため、時間短縮・コスト削減工程を集約することができます。

<最先端の技術で様々な業界に乗り出す>
下降の難しい難削材や部品の一体化などに対応する新しい加工技術を開発し様々な産業へ取り組んでいます。
<航空機産業への取り組み>
コラム ヤマザキマザック マシニングセンター

<自動車産業への取り組み>
自動車部品加工ユーザに数多くの現地生産機及び日本製輸入機を納入していると共に、世界中に張り巡らされたネットワークにより、充実かつ迅速なアフターサービスができます。
更に、ターンキーと呼ばれる治具・ツール・加工技術・システム・周辺装置を含めたエンジニアリングビジネスにも、マザックの実績と経験を生かし、日本国内・アジア諸国の自動車関連のお客様に対して、グローバルエンジニアリングビジネスに力を入れています。
コラム ヤマザキマザック マシニングセンター

<半導体産業への取り組み>
導体製造装置によく使われるアルミの削り出し部品や、クリーンな環境に適したステンレス系の丸物加工部品の工程集約に最適な5軸加工機・複合加工機を、他社よりも先駆けて開発し販売しています。
コラム ヤマザキマザック マシニングセンター

<医療産業への取り組み>
整形インプラント市場(人工関節・骨接合プレート等)に関して、高齢化に伴う筋力の低下・肥満などの原因で、関節症の患者の増加、股関節・膝関節などの人工関節置換術の適用による社会復帰を望む需要が増える傾向にあります。
マザックでは難削材の高度な加工技術や実績と経験を生かし、医療機器関連の難削材の高能率加工にも取り組んでいます。
特に整形インプラントの加工においては、長年培った複合加工機/5軸加工機を使った工程集約のノウハウと経験を生かした、無垢材からの工程集約加工や無人/省力システムへの取組みを、ご紹介ご提案しています。
コラム ヤマザキマザック マシニングセンター

工作機械だけにとどまらず様々な産業のニーズに合わせて新たな企業展開を世界的にしていく会社です。
技術もさることながら、デザイン性も高く評価されているようです。
世界の第一線で活躍する会社だからことのプライドと使命感を持っている会社だと思いました。
気づいていないだけでマザック製品にお世話になっているかもしれません。
今後はどのような産業へ乗り出していくの楽しみな会社です。









【個人情報の取扱いについて】

当サイトより取得した個人情報は適切に管理致します。個人情報保護法に定める例外事項を除き、本人の同意を得ることなく第三者に提供、開示いたしません。


TOP TOP